アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

細くみえる簡単着やせコーデ この夏絶対買うべきアウター&パンツ 

Pocket

5月13日「サタデープラス」はこの夏にむけてスリムにみえる着こなし術をご紹介。

巷にはいろんな洋服がありますが、着やせのポイントになるのは「目の錯覚」。
これを利用して大学教授とプロのスタイリストさんがやせてみえる科学的な着やせ術を伝授。

実際にどんなアイテムを選べばいいのか具体的にアドバイスしてくださいます。
形・色・素材まで詳しく紹介しているので、これを買えば今年の夏は間違いなし!

そして夏にむけて「二の腕引き締め体操」もご紹介。
1日2分の”ながら体操”なので、ムリなくできそうです。

スポンサーリンク

目の錯覚=錯視とは

おしえてくださるのは大阪大学大学院 人間科学研究科 森川和則教授。

森川先生いわく
やせてみえるには目の錯覚=錯視を活用すべし」とのこと。
先生はこの錯視を応用したファッションやメイク術を女性誌などで提案しているんだそうです。

今回は先生の提案する錯視を使った着やせ術を人気スタイリストさんが実際のアイテムでご紹介します。

とにかくスリムにみせたい

おしえてくださるのはスタイリスト高田空人衣さん。

スリムにみせたいというお悩みには「フィック錯視」を使います。
フィック錯視とは「横方向より縦方向のものの方が、より細長く感じる」という錯覚。
横しまより縦じまということですね。

なので「縦ラインを作る」ことを強調します。

最強! 着やせアウター3か条
❶カーディガン⇨裾にスリットが入っていればなおよし
素材は編み目の細かいものがおススメ
❷ライトグレー⇨軽さ+どんな色にも合う
❸膝丈⇨長すぎると間延びしてスタイルが悪くみえるので、この長さがベスト

ライトグレーの膝たけロングカーディガンが最強ということなんですね。

このフィック錯視を使ったアイテムを着たところ、30人中28人が細くみえると回答。

細くみせたいために黒や紺などを着ることも多いと思いますが、濃い色だけではメリハリがなくあまり意味がないそう。
なのでアウターでポイントを作ってあげるのが着やせしてみえるコツだそうです。

ジレとかでもよさそうかな(*´Д`)

足を細くみせたい

このお悩みには「アモーダル補完」という錯視を使います。
アモーダル補完とは「人間の脳は見えない部分を見える部分から予測して補う。しかし脳は見える部分に強く影響されるので、足の細い部分だけみると全体も細いと思い込んでしまう」という錯覚。

なので「細い部分だけ見せる=足首をみせる」というアイテムが大事。

最強! 着やせパンツ3か条
ワイドパンツ⇨柔らかい素材は体型が出やすいので、張りのある素材を選ぶ
八分丈
ベージュ⇨パンツの面積が多いので軽くみせることがポイント
重い色だと重心が下がり足も短くみえてしまう

足の中で一番細い足首をかくすということは、着やせ効果が半減してしまうそう。

このアモーダル補完を使ったアイテムを着たところ、30人中25人が足が細くみえると回答。
確かに足首や手首をみせることで細くみえるのはよく聞くテクニックですね。

松本明子さんがモデルになって実践していましたが、確かに細くみえました。
八分丈というふくらはぎが隠れて、足首にむかって細くなってくるところから見えるのがポイントなんですね。

この春夏のトレンドの靴選び

一昔前までは、ヒールのある靴を選んで高さを出すコーディネートが主流でした。
(私もやってます)
しかし高田さんにいわせると、このテクはもう古いんだそう( ;∀;)

最新!靴選びのトレンド
先のとがった靴」で縦長感をアップ!

これは「エコー錯視」を活用したもの。
エコー錯視とは「靴の先が細長いとそれにつながる足も細くみえる」という錯覚。

モデルさんが履いていたのは、かなり鋭角に尖った靴。
ヒールは2cmほどのほぼぺったんこ。
皮の部分もVの字。
もうヒールの時代は終わったんですね(バブル世代)。

1日2分!
二の腕引き締め体操

…と今までは着やせ術をご紹介してきましたが、夏になって露出せざるを得ない「二の腕」はダイエット&筋トレでリアルに細くしましょうということで、二の腕引き締め体操をご紹介。

おしえてくださるのはDrKAKUKOスポーツクリニック院長 中村格子先生。
友近さんの下腹を2週間で9cm細くしたり、バービーさんのウエストを1週間で7cm細くしたりとサタデープラスでは常連の先生です。

先生いわく「二の腕はタプタプになるのが後ろ側なので、上腕三頭筋を鍛えるのがよい」とのこと。
上腕三頭筋は腕を伸ばすときに使う筋肉で、腕を後ろに伸ばすという動作は日常生活であまり行わないので意識して鍛える必要があるんだそう。

●体操前のストレッチ
腕を上げてひじを曲げ、逆の手で伸ばす
(片側5~15秒が目安 やりすぎは禁物)

《1日2分!二の腕引き締め体操》
腕を前後に振る
20回×朝晩2セット
座って行ってもOK

水鳥のような感じで。
腰周りにある水を前後にかくイメージというとわかりやすいでしょうか。
テレビをみながらの”ながら体操”なのでラクですね。

番組公式サイトはコチラ→サタデープラス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー