アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

ヒルナンデス五十嵐シェフレシピ!棒々鶏(バンバンジー)の作り方!しっとり仕上がる鶏肉の茹で方もご紹介

Pocket

8月12日「ヒルナンデス!」料理の基本検定のお題は夏にピッタリのメニュー「棒々鶏(バンバンジー)」。

中華の人気シェフ・五十嵐美幸さんがご家庭で簡単にできる絶品バンバンジーレシピを披露してくれたのでご紹介したいと思います。

美味しく作るポイントは鶏肉の茹で方。
パサパサにならないようにしっとり仕上げる茹で方のコツがわかりますよ。

タレも焼き肉のタレを使って簡単にできるので、この夏チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

五十嵐シェフレシピ
絶品バンバンジーの作り方

材料

鶏ささみ       3枚
鶏ガラスープ(有塩) 200㌘

きゅうり       1/2本
もやし        適量
ミニトマト      6個

ラー油        お好みで
すりごま       お好みで

ごまダレの材料

練ごま        40㌘
粒マスタード     大さじ1
酢          大さじ2
しょうゆ       大さじ1と1/2
水          大さじ1
ごま油        大さじ1
ラー油        適量
焼き肉のタレ(甘口) 大さじ2

1 材料の野菜の下準備
●きゅうり

細切りにする
●もやし
茹でてごま油をまぶす
●ミニトマト
1/2にカットする

野菜はお好みでお好きものを使うのもアリ。

2 器にごまダレの材料を全部入れてよく混ぜる

お店では基本となる調味料として「甜醤油(てんじゃんゆ)」(しゅうゆに氷砂糖・八角・みかんの皮などを入れ煮込んだ調味料)を使いますが、ご家庭で作る場合は市販の焼き肉のタレで代用できます。

3 ササミをラップではさむ
⇨(麺棒などで)軽くたたいて厚さを一定にする

4 鍋に鶏ガラスープを入れる
⇨3のササミを入れる
(火をつけない状態で)
⇨ササミを入れてから火を付ける

冷たい状態からじんわりゆっくりと火を通していくことで鶏肉がしっとりやわらかく仕上がります。

4 ササミに7割ほど火が入ったところで、火を止めて裏返す
⇨フタをして予熱で蒸し焼きにする
⇨冷めるまでスープの中に入れておく

ササミは熱い状態では取り出さず、必ず冷めるまでスープの中に入れておくことがしっとりするポイント。
目安として「手で触れるくらい」になるまで自然に冷まします。

5 ササミを食べやすい多きさに手でさく

6 器に1の野菜類を盛り付ける
⇨その上にササミをのせる
⇨ごまダレをかける

盛り付けは上に高く盛り付けるとかっこよくみえますよ。

7 お好みでラー油やすりごまをかける

試食した方々も「お店の味!」と大満足。
鶏肉もしっとりしていて大好評でした。

夏にピッタリのメニューなのでぜひチャレンジしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ササミをしっとり仕上げる方法ですが、鶏むね肉でも応用できますよ⇩

五十嵐シェフの絶品レシピはこちら

【味変できるソース付き 照り焼きチキン】

【エビチリ 基本の作り方】

【おウチで簡単ホイコーロー】

スポンサーリンク

最近の投稿