アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

スッキリAtsushi美腸レシピ・ポークトマト豆乳スープの作り方!10分でできて低糖質&作り置きにもOK!

Pocket

8月5日「スッキリ」は美の伝道師・Atsushi(あつし)さんが登場。

「魔法の美腸スープ・ポークトマト豆乳スープ」の作り方を披露してくれたのでご紹介したいと思います。

このスープ、なんと10分で作れるのに低糖質&作り置きも可能という女性には嬉しいメニュー。

夏バテにもいいとのことなのでダイエットと一石二鳥を狙っちゃいましょう。

スポンサーリンク

Atsushi美腸レシピ
ポークトマト豆乳スープの作り方

材料

豚ひき肉        200㌘
トマト         2個
玉ねぎ         1個
アスパラガス      3本
にんにく        2かけ
豆乳          400ml
水           100ml
塩           少々
オリーブオイル     大さじ1
固形コンソメスープの素 2個

1 食材の下準備
●ニンニク
 
みじん切りにする
●玉ねぎ
みじん切り
●アスパラガス
4~5センチの長さに斜め切り
●トマト
一口サイズにカットする

2 鍋にオリーブオイルを入れ、中火で熱する

3 2の鍋に
・ニンニク(みじん切り)
・玉ねぎ(みじん切り)
を入れて軽く炒め

4 さらに豚ひき肉を入れて炒める

豚肉にはビタミンB1が豊富なので疲労回復効果が期待でき、夏バテにはもってこいの食材。

5 トマトも加えて炒める

トマトに含まれるリコピンには紫外線による肌ダメージに有効な働きがあります。
そしてリコピンは熱に強く、油と一緒にとると体内への吸収率がアップ。

6 食材に火が通ったら水を加える
⇨塩・固形コンソメの素で味をととのえる

7 沸騰してコンソメが溶けたら、豆乳を加える
⇨沸騰させないように、混ぜながら3分ほど煮る

豆乳は沸騰すると膜がはりやすいので沸騰させないように。

8 最後にアスパラガスを加える
⇨ひと煮立ちさせたらできあがり

アスパラガスは変色しやすいので、見た目の鮮やかさをキープするために最後に入れます。

管理栄養士さんによると、食物繊維が豊富で腸の動きも良くなるので美腸に非常に効果が高いといえる」とのこと。

味の方もMC加藤浩次さんからも「美味しい、豆乳のバランスがすごくいい」とお褒めの言葉が。

このスープ、冷凍もできて作りおきも可能なのでたくさん作って常備菜にするのもいいですね。
(冷凍だとけっこうもつとのこと)

野菜たっぷりで低糖質&夏バテにも良いなんてサイコーのスープですね。
ぜひチャレンジしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Atsushiさんのスープレシピはこちら

サバ缶とキムチの韓国風スープのレシピ】

かぶと枝豆の冷製ポタージュのレシピ】

スポンサーリンク

最近の投稿