アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

所さん大変ですよ柳澤英子ダイエットレシピ「黒いきくらげ鍋」炒めきのこ鍋の作り方

Pocket

11月30日「所さん!大変ですよ」では大ヒットダイエットレシピ本「やせるおかず作りおき」通称「やせおか」シリーズの著者・柳澤英子さんがゲストでご登場。

ご自身が考案した糖質オフな料理で52歳にして1年で26kgも痩せたことで有名な料理家・柳澤さん。
今回は「幸せの黒いキクラゲ」を使った「炒めキノコ鍋」の作り方を披露してくださいました。

キクラゲやキノコ類は食物繊維が豊富、トマトやニラも入って豚肉で食べごたえも抜群というヘルシーなダイエット鍋、食べながら健康的に痩せたい方必見です。

スポンサーリンク

キクラゲ鍋の作り方

材料(4人前)

生きくらげ         100g
(乾燥きくらげは水で戻した量)
お好みのキノコ類      300g
(しいたけ・しめじ・まいたけ・えのきだけなど)
豚バラ肉          300g
ニラ            1/2束
ミニトマト         8個
ごま油           適量
しょうがすりおろし     適量
(チューブでもOK)
塩             少々
こしょう          少々
めんつゆ          大さじ2
鶏がらスープの素      大さじ1~2
お湯            適量
(水でもOK)

1⃣鍋に豚バラを入れる
(まだ火はつけない)
⇨塩・こしょうをふり、ごま油をまわしかける

2⃣キノコ類は食べやすい大きさに切る
⇨1⃣の鍋に入れる
⇨しょうがのすりおろしを加える

3⃣鍋にフタをして中火にかける
5分蒸し焼きにする
⇨5分経ったら全体をざっくり混ぜる

4⃣3⃣の鍋に
・めんつゆ
・鶏がらスープの素
・お湯(具材がひたるくらいまで)
を入れ煮込む

5⃣煮立ったら
・食べやすい大きさに切ったニラ
・ヘタをとって洗ったミニトマト
を加えひと煮立ちさせる

1人前373㎉。

きくらげは食物繊維がキャベツの10倍、カルシウムはしらすの1.5倍、ビタミンDはしいたけの50倍と栄養豊富。

かためでよく「噛む」ので満腹中枢を刺激してダイエットになり健康的に減量できるダイエッターには嬉しい食材なので積極的に食べたいですね。

1年で26kg痩せた柳澤英子さんって?

料理家・柳澤英子さんはご自身が考案した料理で体重が73kgから47kgと、1年で26kg痩せたというスゴイ方。
しかも年齢的に52歳とダイエットには難しい時期での成功だからビックリです。

その料理の特徴は糖質をなるべくカットした「低糖質料理」。
糖質制限ダイエットですね。

料理の糖質を抑えることで血糖値の急激な上昇をおさえ脂肪を作りにくくします。
加えて酵素の多い素材で代謝を上げ、食物繊維で腸内環境を整えるので健康的にダイエットすることができます。

そして糖質制限が主なので、ダイエットの基本である食事制限が厳しくありません。
肉や魚も食べれて野菜もいっぱい摂る、ダイエットの大敵と言われる油やチーズも食べれるの、食べることをガマンしたくない・健康的に痩せたいという方におススメです。

そしてご自身が考案したレシピを本にしたのが「やせるおかず作りおき」通称「やせおか」シリーズ。
累計135万部以上売れて2016年のナンバーワン大ヒット本にも輝きました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク