アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

メレンゲの気持ち中尾明慶さんにおすすめ名店みかさソース焼きそばの作り方

Pocket

5月19日「メレンゲの気持ち」は俳優の中尾明慶さんがゲスト。

将来の夢は「焼きそば屋」を経営することだそうでその夢を叶えるために東京・神田神保町の名店「みかさ」さんが特別にレシピを伝授してくださいました。

みかささんのソースはみかさ特製ということで市販の調味料を使いそれに近い味が出せるようにしてあります。
そしてお店の味を再現するような裏ワザもあるので美味しい焼きそばをご自宅で食べたい方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

東京・神田神保町にある「みかさ」さんは連日大行列ができる焼きそばの名店。
テレビでも何回も紹介されているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

このレシピのポイントですが、「みかさ」さんのソース焼きそば近づけるべく段階に分けて調味料を使い分けて調理すること。

具体的には
・麺と具材を絡めるソース
・豚バラ肉を炒めるソース
・仕上げに全体にかけるソース
と3つのソースを作り使い分けることで「みかさ」さんの味に近づけることができるんだそうです。

人気の名店みかさ流
ソース焼きそばレシピ

材料(1人前)

もやし        60㌘
キャベツ       100㌘
長ネギ        60㌘
豚バラ肉       50㌘
魚粉         2つまみ
卵          1個
ごま油        少々
青のり        少々
つけ麺用の麺     1人前

【麺と具材を絡めるソース】
ウスターソース    80ml
カレー粉       5つまみ
ブラックペッパー   2つまみ

【豚バラ肉を炒める用のソース】
ウスターソース    15ml
しょうゆ       15ml
(ウスターソースとしょうゆの割合は1:1)

【仕上げに全体にかけるソース】
お好み焼きソース   70ml
一味唐辛子      少々
(一味唐辛子はお好みの量でOK)

※1つまみとは片手の親指と人差し指と中指でつまんだ量のこと。
(小さじ1/5杯 約1㌘)

1 器に
・ウスターソース
・カレー粉
・ブラックペッパー
を入れ混ぜる
(麺と具材を絡める用のソース)

カレー粉とブラックペッパーを入れて辛めにすることで野菜のうま味を引き出します。

2 器に
・ウスターソース
・しょうゆ
を入れ混ぜる
(豚バラ肉を炒める用のソース)

しょうゆを加えることで香り付けすることができます。

3 器に
・お好み焼きソース
・一味唐辛子
を入れ混ぜる
(仕上げに全体にかけるソース)

口当たりをマイルドにいするために甘みのあるお好み焼きソースを使います。
一味唐辛子はお好みで量を調整してください。

4 麺を茹でる

水分量の多いつけ麺用の麺を使うことでもちもちとした食感がみかさの自家製麺に近くなります。
縮れ麺を使うことでソースがからみやすくなります。

5 フライパンに
・食べやすい大きさに切ったキャベツ
・もやし
を入れ炒める
(油は入れない)

さっぱりさせるために油は使いません。
野菜から水分が出るので焦げる心配はなし。

6 5のフライパンに魚粉を加える

魚粉はダシの代わりに使います。
かつお節にするとお好み焼きっぽくなるため。

7 4の麺が茹で上がったらしっかり水気を切り6のフライパンに加える
⇨野菜とよくからめながら炒める

8 1で作った【麺と具材をからめるソース】を加えてよく混ぜる
⇨ソースが麺と具材によく混ざったらごま油を加える
⇨全体がからまったら器に盛り付ける
⇨千切りにした長ネギ(白髪ネギ)を上にのせる

スポンサーリンク

ごま油を加えることで香り・見た目・照りがアップ。
たっぷりと白髪ネギをのせることで濃いめのソース味でも最後までさっぱりと食べることができます。

9 フライパンで豚バラ肉を炒める
⇨1の【豚バラ肉用ソース】を加えてよくからめる
⇨フライ返しで豚バラ肉を押し付けるようにして焼く
⇨8の白髪ネギの上にトッピングする

しょうゆを含んだソースを押し付けて焦がすことで香ばしさが引き立ちます。

10 フライパンで目玉焼きを作る
⇨焼いている途中で黄身を崩して半熟状にする

(黄身を混ぜながら広げていくように)
⇨9の上にのせる

11 1の【仕上げに全体にかける用のソース】をかける
⇨青のりをふりかける

これで「みかさ」さん直伝のソース焼きそばの出来上がり。

みるからに美味しそうだし、作った中尾明慶さんも「自分で作ったとは思えない」と満面の笑みに。
やはりそれぞれに作り分けたソースが効いているようです。

久本雅美いわく「家庭で作ったというよりプロの味」。
でも調味料はすべて市販のものでできるのでこれはぜひ作ってみたいと思います。

スポンサーリンク