アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

簗田シェフ本格エビチャーハンレシピ!パラパラにする簡単な作り方!

Pocket

9月8日「ヒルナンデス」の大ヨコヤマクッキングは炒飯(チャーハン)SP。
本格的なパラパラエビチャーハンの作り方を人気中華のプロ・梁田シェフに教わります。
パラパラのチャーハンのするコツは意外なもので目からうろこでした。
でもふつうの作り方より簡単だと思うのでパラパラのチャーハンがお好きな方はおぼえておくと役に立つと思います。

スポンサーリンク
今回本格的なパラパラチャーハンの作り方をおしえてくださるのは「パラダイスダイナシティ」の梁田圭シェフ
見た目は強面なんですが、ヘラのことを「おヘラ」と言っちゃう可愛い方でした(笑)
お店はコチラ→パラダイスダイナシティ

本格パラパラエビチャーハンの作り方

●材料  1人前
ごはん(温かい)   1膳(約150g)
長ネギ        ¼本
むきえび(小)    8個
卵          ½個

サラダ油       小さじ1
塩・鶏がらスープの素 各小さじ1/3

1⃣長ネギはみじん切り、むきえびはさっと下茹でしておく

2⃣手に少量の水をつけて、ごはんの粘り気をとるようにほぐす
熱い場合はスプーン

水をつけた手ごはんをほぐしておくことで、パラパラのチャーハンになるそうです。
温かいごはんを使用するので手でほぐすのが熱い場合は、スプーンで混ぜても大丈夫。
ごはん1膳に水大さじ2の割合で。

3⃣ 2⃣に溶き卵を入れて混ぜる

溶き卵で米をコーティングすることで、さらにパラパラのチャーハンに。
卵を炒めてからごはんを混ぜると、しっとりしたチャーハンになります。
●チャーハン1人前に使う卵は½個
⇨卵の量が多すぎるとベチャッとなる原因に。

4⃣ 3⃣のごはんに油を混ぜる

フライパンに油を入れず直接ごはんに入れることで、さらにコーティングされます。
おまけにフライパンに入れるより量が少なくてすむのでヘルシーな仕上がりになります。

5⃣ 中火で具より先にごはんを炒める

フライパンにごはんを入れたらすぐ触らないのがポイント
卵が先に固まるので、触らずおこげを作るように焼き付けることで香ばしいチャーハンが出来上がるんだそう。

6⃣ごはんをひっくり返して片面を焼く
両面約30秒ずつ焼く(香ばしさを出す)
⇨ほぐすように混ぜる

番組ではほぐす時点でもうパラパラのチャーハンになっていました。

7⃣塩・鶏がらスープの素で味を調える

8⃣長ネギとむきえびを加え強火で炒める

お好みで刻んだ万能ねぎをのせて出来上がり。

 

今まで見た中で一番パラパラしたチャーハンなのに作り方は本当に簡単という目からうろこのレシピでした。
ほとんどお店仕様!まさに本格的!
友近さんも絶賛でした。

世間はパラパラのチャーハンが人気なので一度は作ってみたいですね。

スポンサーリンク

弱火調理でおなじみ水島シェフのチャーハンレシピはコチラ⇩

公式サイトはコチラ→ヒルナンデス

スポンサーリンク