アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

ヒルナンデス!レシピの女王和風あんかけ親子丼&柴田理恵肉団子親子丼の作り方

Pocket

6月18日「ヒルナンデス!」は月曜恒例シンプルレシピ教室。

今回の先生は第3代レシピの女王・大本紀子さんとお料理上手の柴田理恵さん。
最強のお料理苦手女子・はいだしょうこさんに5分でできる簡単親子丼レシピを伝授します。

柴田理恵さんは1つの調味料で絶品の味に仕上げた肉団子の親子丼、レシピの女王は余ったから揚げを使って超簡単にできる和風あんかけ親子丼のレシピを紹介、お昼ご飯にもぴったりな簡単アレンジ親子丼なので今すぐにでも作れますよ。

スポンサーリンク

柴田理恵流
肉団子の親団子丼の作り方

材料(2人前)

卵          2個
鶏ひき肉       150㌘
柚子胡椒       小さじ1
片栗粉        大さじ1強
玉ねぎ        1/2個
白だし        大さじ3
お湯         300cc
ごはん        2人分
みつば        適量

1 卵は卵黄と卵白に分ける

2 ボウルに
・鶏ひき肉
・柚子胡椒
・1の卵白
を入れて練る
⇨団子にするには少しゆるいので片栗粉を加えてさらに練る

(卵白が2個分入っているので片栗粉で調節する)

柚子こしょうは柚子の皮・唐辛子・塩などを練り合わせたもので薬味だけでなく調味料としても使えます。

3 鍋(フライパン)に白だしとお湯を入れ沸騰させる(強火)

4 2のタネをスプーンですくってつくねを作り3の鍋に入れる(中火
⇨つくねの下部分が白くなってきたら裏返す

(アクが出てきたら取り除く)

つくねは左手のスプーンで1個分をとり、右手のスプーンで丸くして鍋に入れるとキレイに仕上がります。

5 玉ねぎをうすくスライスして4の鍋に入れる
⇨玉ねぎがしんなりしてきたら出来上がり

6 丼にご飯を盛り、5をのせる
⇨1の卵黄をのせる
⇨三つ葉をのせる

つくねの味付けは柚子胡椒なので味がブレることがなくていいですね。
試食した方々からも大好評、「手間ひまかけて作った肉団子って感じ」なんだそう。

しょうこおねえさんは卵を卵黄と卵白に分けることやつくねを作ることが大変難しかったようですが、今まで教わったレシピの中で一番好きとのこと。

レシピの女王大本紀子さん
サクッ!とろっ!変わり親子丼の作り方

材料(2人前)

卵          3個
塩・こしょう     少々
サラダ油       少々
唐揚げ        8個
(お好きな量で)
めんつゆ       100cc
(ストレートタイプ)
みりん        大さじ1
片栗粉        小さじ1
水          大さじ1強
(水溶き片栗粉用)
ごはん        2人分
刻み海苔       適量

1 ボウルに
・卵
・塩・こしょう
を入れて溶いていく

2 熱したフライパンに(中火)サラダ油を加える
⇨1の卵液を流し入れ、半熟状になったら火を止める

3 丼にごはんを盛り、2の半熟卵をのせる

4 から揚げは電子レンジ(600w)で1分加熱する
⇨温まったら3の卵の上にのせる

から揚げは冷凍食品でも市販で買ってきたものでもOK。

スポンサーリンク

5 2で使ったフライパンに
・めんつゆ
・みりん
を入れて火にかける
⇨沸騰したら水溶き片栗粉を入れながらあんを作る

(混ぜながら入れ、とろみが付いたらOK)

6 5の和風あんをから揚げの上からかける
⇨その上に刻み海苔をのせる

大本紀子さんの今回の目標は「再現率100%」。
から揚げをのせるだけなのでだいぶ近づけるそうですね。

試食した方からも好評で「高級和食店のまかないって感じ」とのこと。
やっぱり和風あんが効いてる気がしますね。

どちらも簡単だったのでぜひチャレンジしてみたいですね。
特に柴田理恵さんの柚子こしょうの技はやってみたいです。

番組公式サイトはこちら⇨ヒルナンデス!シンプルレシピ教室

スポンサーリンク