アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

5秒腹筋のやり方 効果5倍の筋トレで簡単即効おなかやせダイエット!

Pocket

4月1日「世界一受けたい授業」では春の新生活を迎え「今日から変われる20のこと」を特集。

新しい出会いにむけて「ぽっこりお腹」を解消する方法として、たったの5秒でできてしかも2週間で効き目が出るという即効性のある腹筋法『5秒腹筋』のやり方を伝授。
下腹、二段腹、わき腹、腰回りなど、お腹まわり全般を網羅できる筋トレです。
2週間実践した武田修宏さんにも驚きのダイエット結果が!
この結果をみたらモチベーションが上がるかも。

スポンサーリンク

おしえてくださるのは、5秒腹筋の考案者・松井薫先生。

>立ったままで「5秒腹筋」 [ 松井薫 ]

価格:1,080円
(2017/4/2 16:42時点)

先生がおっしゃるには
太る原因は基礎代謝の低下」。
人間は寝ている間や安静時にも絶えず体内の脂肪を燃やしてエネルギーに変化させる、その時に消費されるのが「基礎代謝」。
その消費量は全エネルギーの何と6割!

《基礎代謝低下の理由》
⇨年齢が上がるにつれて筋肉量が減少するため。

なので筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、結果的に体内の脂肪が燃えやすくなるとのこと。

今回紹介する「5秒腹筋」にはアイソメトリック(筋肉の静的動作)の要素が組み込まれています。

《アイソメトリック運動》
「空気イス」や「両手を胸の前で強く押し合う」などのように、筋肉の長さを変えず筋肉に負荷をかける運動。
短時間で筋肉をピンポイントに鍛えるという効果があります。
「部分痩せ」にむいているんだそう。

下腹・二段腹に効く
『5秒腹筋』

鍛える筋肉は「腹直筋」。
俗に言う「シックスパック」ってやつです。
❶両手でこぶしをにぎり、首の後ろ(根本)に小指を当てる

両腕で後頭部を固定する感じ。
ひじの位置を耳より上に、高く上げるのがポイント。

❷片足を一歩前に出し、つま先に力を入れる

❸鼻から息を吸い、お腹をへこませる

❹口から息を吐きながら、ゆっくりと腹直筋を上から押すように力を入れる
⇨この状態を5秒キープ

《この運動のポイント》
イメージとして「お腹が硬い空き缶」で、それを縦にべシャッと潰す感じを想像する。
腹筋が圧縮される動作を認識しやすいので、何も考えずに筋トレした場合より効果的だと考えられる。

❺鼻から息を吸いながら、元の姿勢に戻す

※痛みを感じた方はムリをしないでくださいとのことでした。

●1日10回 3セット行う

スタジオで実際に行った、嵐の二宮さんいわく
「腹直筋にしか効いていないということがよくわかる、ピンポイントな感じ」。

先生いわく
5秒腹筋の10回分は、通常腹筋の50回分に相当」とのこと。
スゴイですね( ゚Д゚)

わき腹のたるみに効く
『5秒腹筋』

鍛える筋肉はわき腹周辺にある「腹斜筋」。
ふだんあまり使わないので、余分な脂肪がつきやすい部分です。
これも2週間で効果が出るんだそう。

❶から❸までは先ほどと一緒。

❹口から息を吐きつつ、ゆっくりとわき腹をねじりながら腹斜筋に力を入れる
⇨この状態を5秒キープ

《この運動のポイント》
「雑巾をギュッと絞る」のをイメージしながら、上から斜め下にねじりながら潰していく感じ。
お腹に力を入れるときに、猫背になると効果半減なのでNG。
背筋は伸ばすのが基本。

❺鼻から息を吸いながら、元の姿勢に戻す

●1日左右各10回 3セット行う

ぽっこりおなかに効く
『5秒腹筋』

鍛えるのは、お腹を身体の奥深くから支えている「腹横筋」。
これも2週間で効果あり。

❶うつ伏せになり、両肘を床につける

ひじを支えにして、上半身だけ起き上がる感じ。

❷右手で丸を作り、それに左手を添え土台にし頭をのせる

スポンサーリンク

❸つま先を支えにし、ゆっくりと全身でアーチを作る

このとき床についているのは、ひじから手までとつま先だけ。

❹お腹に力を入れたまま、5秒間キープ

❺床につかない程度まで身体を下げる

《この運動のポイント》
「崖と崖の間にアーチを作り踏ん張る」というのをイメージする。
お尻がせりあがりすぎたり、逆にお尻が落ちすぎるのはNG。
これがキツイ場合は、ひざをついてから始めてもOK。
お腹に力が入っていることを意識することが大事。

●❸から❺を1日10回 3セット行う

座りながらできる『5秒腹筋』

鍛えるのは背骨と足の骨を結ぶインナーマッスル「腸腰筋」。
腸腰筋を鍛えて代謝を上げることで、腰回りのぜい肉を落とします。

❶姿勢を正してイスに座り、手を机の上に置く

❷左ひざを机を押し上げるように上げ、両手は机を強く押さえる
⇨この状態を5秒キープ

❸ゆっくり元に戻す

《この運動のポイント》
「段ボールを足と手で押し曲げる」イメージで。
足の付け根に力を入れるのを意識するのが大事。
背もたれにもたれ過ぎたり、机にのしかかるのはNG。

●1日左右交互に合計10回 3セット行う

だいぶキツイようで、みなさんけっこう汗が出てましたよ。

これを元サッカー日本代表の武田修宏さんが2週間実践した結果、
●体重78kg→75.02kg(-約3kg
●ウエスト95cm→90cm(-5cm
●中性脂肪228㎎/dl→98㎎/dl
(正常値30~149)

…これはスゴイですね。
特にウエストまわりは脱いだ瞬間に違いがわかりましたもん。

いやー筋トレ苦手だけど、やってみたくなりましたね。
2週間で効果が出るなら、モチベーションも上がりそうです(>_<)



詳しいやり方は番組公式サイトにも載っています。
世界一受けたい授業

スポンサーリンク