アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

茂手木シェフアレンジレシピ!”サルサ風タレ”で簡単冷やしギョーザ!

Pocket

8月4日「ヒルナンデス」はお料理初心者横山裕さんの「大ヨコヤマクッキング」。
今回はあの名店「たいめいけん」の茂手木シェフにおしえてもらう「冷やしギョーザ」。
ギョーザのタネは肉だけで味を濃い目にし、刻んだ野菜を使いタバスコもきかすサルサ風タレで夏にピッタリのメニューです。
このサルサ風タレは肉料理や魚料理にも使えそうですし、見た目がオシャレなのでおぼえておいて損はない気がします。

スポンサーリンク

茂手木シェフアレンジ 冷やしギョーザの作り方

●材料  25個分
あいびき肉       500g
ギョーザの皮      25枚

●調味料
ケチャップ       大さじ2と½
中濃ソース       大さじ2と½
おろしニンニク     大さじ1
片栗粉         小さじ1
塩・こしょう      少々
タバスコ        適量

●サルサ風タレ
たまねぎ          ½個
ピーマン          1個
トマトジュース       200cc
ケチャップ         大さじ2
中濃ソース         大さじ2
おろしニンニク       小さじ1
オリーブオイル       大さじ3
タバスコ          適量

 

あいびき肉に調味料を加え、肉全体を混ぜる

調味料は洋風で濃い目に味付けすることで、冷めても美味しいギョーザになります。

タバスコを入れる
⇨粘り気が出るまでしっかり混ぜる

ギョーザに馴染みのないタバスコを隠し調味料として入れることで、ピリッとした辛味が食欲増進に。

ギョーザの皮で包む

☑茂手木シェフ流・ギョーザの皮の包み方
⇨両端を内側に折り込んでからひだを作る
(端を折り込む→ひだ→端を折り込むの順番で)

紙袋を作る感じといえばわかりやすいでしょうか。
こうすることではがれやすい端もくっつき、ギョーザの肉汁も漏れにくくなります。

たっぷりのお湯でギョーザを茹でる

茹で時間は約5分
浮き上がってきたらOK。

茹で上がったら氷水で冷やす

冷やすことで皮がモチモチのシコシコになる。
茹でたうどんを水でしめるとコシが増すのと同じだそう。

サルサ風のタレを作りギョーザにかけ、最後のパセリをちらす

たまねぎ、ピーマンはみじん切りにする。
おろしニンニク、タバスコはお好みでどうぞ。

 

調味料を混ぜるだけで簡単にできるので夏のメニューに加えておきたいですね。
辛いの苦手ですが自分で加減できる量のタバスコなら食欲増進で良さそう。

横山さんはギョーザの皮を包む才能がおありのようで、プロの茂手木シェフよりお上手でした(笑)

しかし料理とは別に色白の横山裕さんと真っ黒の茂手木シェフが並んで映ってるのってなんかシュール…。

スポンサーリンク

横山さんのクッキングはよろしければコチラもご覧ください⇩

公式サイトはコチラ→ヒルナンデス

スポンサーリンク