アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

似合うメガネの選び方!女性に似合うタイプと若くみえるフレームは?

Pocket

4月15日「沸騰ワード10」ではグラスフィッターの方が似合うメガネをレクチャーされてました。
確かに意外と自分に似合うメガネって選ぶの難しいですよね。
メガネってフレームやカラーで顔の印象が左右される大事なアイテム。
ここでそのグラスフィッターさんに選び方のコツをおしえてもらいましょう。

追記:「ノンストップ」にて、顔の輪郭別に似合うフレームのタイプも紹介されていたので載せておきたいと思います。

スポンサーリンク

限りなく正解に近いメガネの選び方

グラスフィッター森一生さんにおしえていただきました。

森さんのブログ→動くメガネ屋 グラスフィッター活動記

森さんがおっしゃるには
メガネ姿が最も美しいのは、
目がレンズの中央にある時
」なんだそう。
なんか意外なような当たり前のような。
なので
顔の幅に合わせブリッジ幅を決める
ことが大事とのこと。

DSC_0199ブリッジとはコレ⇧
ってか、ブリッジというものに幅があるなんての初めて知りました。
あとレンズの中央に目があるとか考えもしませんでしたね。
確かに顔の幅も人それぞれだし、目の位置も人それぞれですしね。

ちなみに、ブリッジが狭いと目が離れて見えて間が抜けた印象を与えてしまうので要注意だそうです。

女性はボストン型を選べば間違いなし!

森さんがおっしゃるには
女性はフレームを選ぶ時、
ボストンタイプを選ぶのがはずさないコツ

だそう。

DSC_0198

女性特有のあごにむかって細くなる輪郭には
ボストンタイプのフレームが収まりが良く
メガネの中でも顔なじみのよい形状とされているそうです

 

スクリーンショット (51)

いやーこれも意外!
私の若かりし頃に流行ったタイプだし、ある意味オールドタイプだと思ってたんですが…。
古典的なものって長く続くってのはちゃんとした理由があるからなんですね。
でも「あご元に向かって細くなる輪郭」って…。
丸顔の人間はどうすれば…( ;∀;)

ちなみにこの画像はJINSさんからお借りしております。
7900円也。
レンズまで合わせてこの金額ならリーズナブルですね。
JINSさんはネットでも購入できます。
便利な時代になりましたね。

JINSさんはコチラ⇩



DSC_0205エレガントで上品な印象がいいなら
フォックスタイプ」がおすすめ。

DSC_0207優しくおおらかな印象を与えたいなら
”曲線的なフレーム”
を選ぶこと。

DSC_0208知的でりりしい印象なら直線的なこちら。
どっちかというと男性向けですね。

DSC_0209背の高い女性は”大きめのメガネ”がおすすめだそう。

スポンサーリンク

若くみえるコツは?

DSC_0212

●形を変えずにセルフレームにするのが若く見えるコツ
プラスチックやセルフレームの方がポップなイメージになるんだそう。

じゃセルフレームのボストンタイプを選べば間違いないな(; ・`д・´)
次回はそれ買ってみます!
眼鏡選びのセンスに自信がないのでプロの言うことを素直にきいてみたいと思います。

 

グラスフィッターって?

「グラスフィッター」とは
メガネ専門のスタイリスト」のこと。

この番組で紹介されていた森一生さんは
数多くの芸能人のスタイリングを手掛けてきたそう。
ドラマ「サイレーン」「ど根性ガエル」「安堂ロイド」「MOZU」「SPEC」や福山雅治さんや仲間由紀恵さんのスタイリングをなさっているそうです。
ものすごく説得力が出てきましたね。
やっぱ「餅は餅屋」でプロに任しとけば間違いなさそうですね。

いかがでしたでしょうか。
この春、メガネをかえてイメージチェンジをはかるのも楽しそう。
メガネってその人のキャラを決めるかなり大事なオシャレアイテムだと思います。
ぜひ自分に似合う1本をゲットしましょう!

番組公式サイトはコチラ→沸騰ワード10

追記:輪郭別 似あうメガネのタイプ

2月27日「ノンストップ」での特集。
メガネプランナー宮キヌヨさんが教えてくださいました。

《丸顔》
●スクエア型(四角型)
⇨直線的なので顔がキュッと引き締まる。

《逆三角》
●ボストン(丸みをおびた逆三角形)
⇨シャープな顔立ちはキツく見えるので、ボストンの丸みが和らげる効果あり。

《面長》
●ラウンド(丸い)
●ウェリントン(逆台形)
⇨顔が長い印象なので短く見せるために天地幅(上下に幅がある)があるものがよい。

《四角顔》
●オーバル(横に楕円形)
⇨角ばっているので、やわらかい楕円形をもってくると緩和される。

ボストンとラウンドは似ていますが、
ボストンは下が若干尖っている「おにぎり型」。
そしてボストンはブリッジの位置が高めです。

レイバンのサングラスに代表される「ティアドロップ」(大門さん型)。
顔を選びそうでハードルが高く思われがちですが、
実はどの顔型とも相性は良いそう。
横からみると小顔にみえ、正面からみると顔をスッキリみせる効果があるそうです。
…勇気入りますけど…。

ちなみにメガネの正しいたたみ方は
レンズのふちを持つ(柄だけを持たない)
⇨自分からみて「左」→「右」の順にたたむ
というやり方が正解。
こうすると柄が浮いたりしないそうです。

番組公式サイトはコチラ→ノンストップ

スポンサーリンク