アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

村田シェフお正月レシピ”数の子開運炊き込みご飯””簡単伊達巻き”の作り方

Pocket

12月29日「ヒルナンデス」大大ヨコヤマクッキングは年末年始&お正月料理特集。

今回は和食の村田シェフがお正月には欠かせない数の子を使った『開運炊き込みご飯』と『簡単伊達(だて)巻き』の作りを伝授してくださいます。
炊き込みご飯は思ったよりも簡単だし、伊達巻きが自分で作れたらちょっと自慢できそうですよね。
お正月のおもてなしによさそうです。

スポンサーリンク

村田シェフ直伝 数の子の開運炊き込みご飯

材料  4人前
米          2合
料理酒        18ml
水          400ml
おろししょうが    小さじ½

数の子        80g
紅白かまぼこ     60g
レンコン       70g

いりごま       少々
万能ねぎ       適量
かつお節       適量

 

1⃣数の子は手で細かくほぐす
⇨かまぼこ・レンコンは1㎝角に切る

※数の子に味がついていなければしょうゆを少々加える

数の子から塩気、かまぼこからうま味、レンコンから食感が出ます。

 

2⃣米・水・料理酒・おろししょうがを炊飯器に入れる

 

3⃣1⃣も炊飯器に入れ、早炊きで炊く

 

4⃣炊き上がったら、いりごま・万能ねぎ・かつお節を混ぜる

 

数の子はつぶつぶがたくさんあることから『子孫繁栄』の縁起物と言われています。
その数の子や紅白のかまぼこを使って炊き込みご飯を作ることから『開運』としてるんですね。

思ったよりも簡単だったので、お正月に数の子が余ったら作ってみたいですね。

村田シェフ直伝 簡単伊達巻き

材料  4人前
卵           4個
はんぺん        1枚(約210g)

砂糖          大さじ2
みりん         大さじ4
しょうゆ        少々
はちみつ        適量

サラダ油        適量

スポンサーリンク

 

1⃣はんぺんをザルなどを使って細かくつぶす

伊達巻きというと一般的には魚のすり身と卵で作りますが、わざわざ魚のすり身を用意するのは面倒なのではんぺんで代用します。
はんぺんは魚のすり身にすりおろした山芋などを混ぜて作っているので、細かく潰せば魚のすり身の代わりになります
より細かく潰すとふんわり仕上がります。

 

2⃣すり鉢にはんぺんと卵を入れて混ぜる

卵は少しずつ入れるのがポイント。

 

3⃣砂糖・みりん・しょうゆを加えよく混ぜる

 

4⃣フライパンにサラダ油を敷き、強火で温める
濡れ布巾にのせていったん冷ます

フライパンを強火で熱すると真ん中の温度が高くなり、生地の真ん中だけ焦げてしまいます。
濡れ布巾の上に置いて温度を落ち着かせ、熱を均等にすることで焦げる失敗を防ぎます。

 

5⃣もう一度火にかけ、生地を入れ中火2分30秒焼く

 

6⃣ひっくり返して、弱火2分焼く

 

7⃣アルミホイルにのせ、包丁で切れ目を入れる

数か所切れ目を入れることで、生地が巻きやすくなります。

 

8⃣はちみつをうすく塗り、生地を巻く
⇨冷めるまで約10分おく

はちみつで甘さを足してしっとり仕上げます。
※はちみつは少量の水でのばしておくと塗りやすい

 

9⃣均等に切って盛り付ける

 

伊達巻きって砂糖が多いから焦げやすいんですよね。
今回の村田シェフのいったん冷まして落ち着かすというワザを使えば、そんなお悩み解消です!

伊達巻き大好きなので、お正月にチャレンジしてみたいです。

番組公式サイトはコチラ→ヒルナンデス

スポンサーリンク

カテゴリー