アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

唐揚げは揚げずに”油で煮る”!水島シェフの弱火調理レシピで失敗しらず!

Pocket

7月22日「サタデープラス」は女優・紫吹淳さんの花嫁修業企画。

今回も弱火調理人・水島弘史シェフに弟子入りし、美味しい「からあげ」の作り方を学びます。
唐揚げといえば、外側が焦げてかたくなる・中が半生など難しい揚げ物の代表格ですが、水島流では油で揚げずに「煮る」ことでジューシーな仕上がり、しかも台所も汚れないという嬉しい結果に。
ちょっと勇気のいる工程ですが、紫吹さん大絶賛の唐揚げ、ぜひチャレンジしてみたいと思います。

スポンサーリンク

弱火調理でおなじみの水島弘史シェフ。
主催されている料理教室は一瞬で予約が埋まるほとの人気だそう。

水島シェフのロジカルクッキング 1カ月でプロ級の腕になる31の成功法則 [ 水島弘史 ]

価格:1,296円
(2017/7/22 11:45時点)

水島流
ジューシー唐揚げの作り方

●材料  2人前
鶏もも肉       200g
しょうゆ       15g
塩          1g
砂糖         4g
日本酒        8g
おろししょうが    10g
おろしニンニク    4g
こしょう       少々
溶き卵        15g
片栗粉        15g

スポンサーリンク

1⃣鶏肉は食べやすい大きさに切る
⇨下味になる材料を加え揉み込む
(しょうゆ・塩・砂糖・日本酒)
⇨香りがつく材料を加える
(しょうが・ニンニク・こしょう)
⇨溶き卵を加える

調味料は一気に入れず、味がつくもの➡香りがつくもの➡衣になるものの順で分けて入れることでしっかりなじみます。

2⃣フライパンにサラダ油を入れる
⇨1⃣の鶏肉に片栗粉をまぶす
(1個ずつ)
⇨フライパンの中に並べる
まだ火はつけない

3⃣2⃣のフライパンに鶏肉がかぶるくらいのサラダ油を入れる
(ひたひたになる程度)
⇨火にかける(弱火
⇨油から泡がでてきたら火を止める
1分間

油が100℃くらいになると鶏肉から水分が出てくるため泡が出ます。
弱火の油で「煮る」ことでゆっくり火が通り、中がジューシーなまま仕上がります。
弱火なのでキッチンも暑くならないし、油も飛び跳ねないのでキレイなまま一石二鳥!

4⃣また火をつける(弱火
(3⃣と4⃣の工程は全部で10分ほど)

5⃣鶏肉を裏返し、弱火3分加熱する
⇨いったん取り出す

この時点では鶏肉に焼き色もついてないし、ベチャベチャな感じ。

6⃣フライパンを強火で熱する
⇨5⃣の鶏肉を戻し入れ、強火30秒揚げる
(鶏肉を転がしながら)

強火で二度揚げすることで外がカリッとした唐揚げに仕上がります。

5⃣の時点では大丈夫かなと思う出来ですが、二度揚げでサクサク・ジューシーな唐揚げに大変化!
揚げ物って生焼けだったり外側がかたかったりとけっこう難しいもの。
弱火でゆっくり火を通すことで簡単に美味しい唐揚げができますね。
これはぜひチャレンジせねば( `ー´)ノ

一緒に作った水島流親子丼のレシピはコチラ⇩

番組公式サイトはコチラ→サタデープラス

スポンサーリンク

カテゴリー