アラフィフお一人様女子が気になるダイエット・美容・料理など。低糖質・作りおきにハマり中のためレシピ系多め。時々猫とアイドル。

食後の「ごろ寝」でやせる?肝臓の代謝アップで簡単ダイエット!

ごろ寝
Pocket

7月31日「林修の初耳学」では食べた後にごろ寝をすることで痩せられるという夢のようなダイエット法が紹介されました。
食後に正しいごろ寝を行うことで痩せやすい体になるというまさに究極のズボラダイエット法!
たった3つのポイントをおさえるだけでダイエットできるなら今すぐ取り入れなきゃ損ですよ。
キーワードは「肝臓」です。

スポンサーリンク

野村消化器内科院長 野村喜重郎先生が教えて下さいました。

ごろ寝で「肝臓」を活発にして基礎代謝アップ!

ごろ寝は肝臓を活性化させる

食後は胃や腸から肝臓へ流れる血液量が増え、エネルギーが蓄積された状態になります。
そこでごろ寝をして肝臓を活性化させればエネルギーを効率よく消費することができ、その結果痩せるということに!

肝臓とダイエットの関係は?

肝臓の血液の流れがよくなると、体の基礎代謝率が格段にアップする

基礎代謝とは、呼吸や消化といった人間が生きていく上で行う無意識に使われるエネルギーのこと。

基礎代謝の内訳として
肝臓     27%
脳      19%
筋肉     18%
腎臓     10%
心臓     7%
その他    19%
となっており、肝臓は人体で最もたくさんのエネルギーを消費しています。
筋肉より多いとはビックリですね。

そのため肝臓を活発に動かせば、体内のエネルギーが大量に消費されるのでダイエットにつながるというわけなんです。

正しいごろ寝のやり方

❶肝臓が下にくるように体の右側を下にする

❷頭と足を約30cm上げる

頭と足を上げて肝臓が底にくるように寝ると
重力により血流が流れが肝臓に集中。
血流が増えることで肝臓が活性化する。

❸食後のごろ寝は15~30分間だけ

長時間ごろ寝をすると肝臓が休息状態になり
エネルギーは消化されずに脂肪として蓄積されるという結果に。

 

肝臓は体の中でも大きい臓器ですが筋肉よりもエネルギーを消費しているとは驚きました。

ごろ寝で効率よくエネルギーを消費して手っ取り早くダイエットといきたいですね。
でも簡単だからって寝すぎには注意ですよ。

公式サイトはコチラ→林修の初耳学

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリー